八幡八雲神社

八幡八雲神社は八王子の東の鎮守とされ、御祭神は応神天皇、 素盞鳴尊 すさのおのみこと 。7月23日には下の祭りの伝統に従い、神事が執り行われます。

宮神輿

八幡八雲神社の宮神輿渡御は、平成十四年から八王子まつりで行われるようになりました。現在の宮神輿は平成元年に再建されました。

山車

雄略天皇

戦災で山車を焼失して以来五十九年ぶりに再建、二層鉾台形式、建造には新潟県村上市の伽藍師細野実、平山鋼平らがあたりました。 山車人形は「雄略天皇」です。

浦島太郎 市指定有形文化財 (山車)

昭和六年頃建造と伝えられている三層鉾台形式の山車は、工匠小澤美之吉、彫工は池田信之、山車人形は平成十四年制作「浦島太郎」です。

素盞嗚尊 市指定有形文化財 (人形)

山車は昭和六十年に再建され、建造には新潟県村上市の伽藍師細野実、平山鋼平らがあたっています。 山車人形は明治十六年三代目原舟月作「素盞嗚尊」です。

現在は中野上町、杉田一夫氏と有志の手づくりによる二層鉾台形式の山車を平成六年より借用し、八王子まつりに参加しています。 車輪は清水考勇氏製作の鉄製源氏車です。

織田信長羅陵王 市指定有形文化財 (人形)

山車は、平成六年に再建された三層鉾台形式、建造は新潟県村上市の伽藍師細野実、細野幹雄ほか、山車人形は三代目原舟月作「織田信長羅陵王」です。

諫皷鳥 市指定有形文化財 (山車・人形)

大正八年工匠小澤美之吉、彫刻佐藤光重、車大工棒定に依頼し建造された二層鉾台形式。小規模ながら均整のとれた美しい山車です。山車人形は光重作白亜の「諫皷鳥」です。

市指定有形文化財 (山車)

明治四十年頃、二層鉾台形式で創建されたと伝えられ、その後昭和八年頃に紫村喜助により堂宮形式に改造されました。相対的に四つ棟屋型の線が強調された端正な山車です。

市指定有形文化財 (山車)

山車建造は大正十一年入母屋八つ棟造りの堂宮形式、工匠小澤美之吉、彫工佐藤光重による豪華絢爛な彫刻で埋め尽くされています。光重快心の作品として注目されています。

市指定有形文化財 (山車・岩座)

一本柱の人形山車として明治三十九年建造、工匠小町小三郎、彫工小松光重。 戦災で焼失した山車人形を平成十八年復元、平成二十六年には建造当時の一本柱人形山車に復元、施工吉匠建築工藝、波高欄彫刻井上彫刻工房。

市指定有形文化財 (山車)

大横町は「八幡八雲神社、多賀神社」両神社の氏子に属しており、毎年交代で参加しています。 山車は明治四十四年建造の二層鉾台形式、工匠小町小三郎、彫工は小松光重。

昭和三十年代、八王子の織物業が最盛期を迎え、街は活気に溢れ料亭も栄え芸妓衆も200名を越す人数となり「祭り」にも参加をしました。 当時は底抜俄屋台で屋根はあるが、舞台は底抜けで囲いの中で芸妓衆や地方は歩きながら演じていました。現在の俄屋台は華やかな色合いで芸妓衆は舞台に座り、地方として奏で、屋台の前では纏・手古舞が先導し巡行します。

神輿

平成十二年に町会神輿として製作。町会祭はコミュニティの場。町会員みんなで楽しく渡御しています。

いつもニコニコ横二の万燈、今年も元気に担ぎます。

昭和六十二年製作の町内神輿です。これからも途絶えることなく、受け継いでいきたいと思います。

平成四年に製作された総重量350㎏という町内所有の神輿としては市内最大級の神輿です。

昭和九年氏子中により奉納された宮神輿です。唐破風、八つ棟、勾欄造りという関東でも屈指の神輿です。

以前は手づくりの神輿を担いでいましたが、平成十年より現在の神輿を担いでおります。

八姫会は発足三十年を迎えました。勇壮に、粋に神輿を担いでまいります。

唐松暁会は、発足十年!! 発足時から、担ぎたい人が集まり八王子まつりを盛り上げています。これからも、参加していきたいと思います。

平成十四年に発会し、平成二十三年に有志により神輿を作成しました。平成二十四年より八王子まつりに参加しております。

昭和十二年浅草宮本卯之助商店作の総彫刻彫りの重厚かつ優美な神輿です。鳥居に昇り龍・降り龍、胴周りには十二支が彫り込まれています。

「左入神輿」は、平成七年七月吉日に完成しました。世間一般には神輿の頭には鳳凰が祀ってありますが、左入神輿の特徴は、ギボシ(擬宝珠)です。

平成十八年に発会し、八王子まつりでは、土曜日の夜に神輿を出しております。元気に楽しく勇ましく渡御して参りたいと思います。

地元(氏子)有志により約四十年前、愛好会として発足。その後、大和田神輿会に名称変更し八幡神社祭礼及び八王子まつり(上大和田町会)にて活動しています。